水引あわじ結びの横を広げた状態で納品 銀テープ貼り方動画

水引あわじ結び(淡路、鮑(あわび)結びとも言います)
で作る贈答用和風ラッピング用品を
企画・製造・販売する5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

最近、注文が多いのはあわじ結びの横を
広げた状態、両手を広げたような状態で
納品するパターンです。

↓こんな感じです。
水引あわじ結び 横を広げた状態、両手を広げた状態

⇒以前のブログで書いたように
理由はいくつかあります。

あわじ結びのみならず、梅結びでも
花結びでも同様に両手を広げた状態、
横を広げた状態で納品することができます。

当社で人気で取り付け簡単な
ゴム紐付ではないパターンを
敢えて選択するということになりますが、
当然そういうニーズもあると思います。

そして、この納品状態ですと購入者の方に
作業が発生します。

それは、この両手を広げた状態から
輪にして後ろをテープ留めするという
作業です。

市販の祝儀袋の後ろをご覧頂くと分かりますが
結構、この後ろでテープ留めしてある
仕様の商品があると思います。

↓銀テープで留めてます。
市販の祝儀袋のテープ留め部分

ですが、この一見、簡単そうに見える
テープ留めもなかなかうまくいかないのもの
なのです。

コツは何ですか?
とか
どうすればうまく銀テープで留めれますか?
という質問もよく頂きます。

100%満足いくものではないかもしれませんが
それでも何もないよりは良いと思い
動画を撮影しました。

ご参考にどうぞ。

当社の売れっ子職人?! H谷の早業ですので
とても簡単そうに見えるのですが、
結構やってみると難しいです。

あとは、こう言っては何ですが、
うまくいかない、というお客様の中には
充分きれいで問題ないじゃないですか?
というような仕上がりの方もいらっしゃいます。

まあ、言われてみると皺が寄ってたり
とかちょっとくしゃくしゃしてるなーとは
思いますが、何も言われなければ特に
気にする程の状態ではないということも
あります。

主役というかメインはあくまで結びですの
後ろの状態は気にし過ぎなくても良いかも
しれません。

メインの結びの作業は当社の仕事ですので
多少後ろが見栄えが悪くても気にならないような
商品を提供できるよう努めていきます!!
(^O^)/

■問合せ先
水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒企画・製造・販売 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

2016年7月21日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA