水引あわじ結びを本の装丁に利用 めでたいデザインと好評の様子

水引あわじ結びを使った
贈答用和風ラッピング用品を
自社企画・製造・販売する5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

水引のあわじ結び(淡路結び、鮑結び、あわび結びとも書くこともあります。)を
本の装丁デザインに使っているという文庫が
人気という記事を読みましたので
ご紹介です。

水引あわじ結ぶを本の装丁デザインに

水引あわじ結ぶを本の装丁デザインに!

原田マハ著の「本日は、お日柄もよく」という
文庫本がロングセラーとなっているそうです。

どーんと水引あわじ結びがデザインされた
本の表紙が面白いですね。

水引屋としてはとても嬉しくなってしまう
装丁です。

この水引あわじ結びの表紙が「おめでたい」と、
新規開業する書店からの注文も相次いだ、とのこと。

確かにこの本が平積みされていたらとても縁起が良さそうで、
書店さん的にも在庫しておきたいような
本ですね。

さすがに本物のあわじ結びを取り付けることは
できないでしょうが、、、(^_^;)

デザインもさることながら内容がとても良いようです。
「泣ける」内容とのこと!
(ロングセラーということなので内容が良いのだろうと
推測しちゃいますが。(^O^)/)

私も機会がありましたら読んでみたいです。

参考記事:
⇒http://style.nikkei.com/article/DGXKZO09070930S6A101C1NZDP01?channel=DF260120166509

2016年11月21日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)