水引あわじ結びと梅結びの和風包装資材 オリジナル祝儀袋へ

このブログをご覧頂き
ありがとうございます。

ゴム付水引梅結びと
あわじ結び(淡路、鮑、あわび結ぶとも言います)の
和風包装資材を
企画・製造・販売する
5代目大橋丹治です。

久々にオリジナル祝儀袋の発注を
頂きました。

⇒木製品のブランド【BIBOROKU(備忘録)】さん
からのご注文です。

梅結びを2種類、あわじ結びを1種類、水引のし、
お金を入れる中袋を当社から提供致しました。

水引梅結びとあわじ結びのオリジナル祝儀袋
木製祝儀袋とは新しい発想ですね!

祝儀袋の売上は、
⇒以前書いたブログで触れたように
少子化、
結婚する人口の減少、
会費制のパーティの増加による
祝儀袋使用機会の減少と
逆風が吹き荒れてますが(ToT)
当社へオリジナルでの発注を頂くことが
徐々に増えております。
(つい先日も某一流有名広告代理店より
問合せがありました。(^O^)/)

祝儀袋全体の市場規模は拡大はして
いないでしょうが、
お客様はその中でより個性的な
商品をもとめ販売者もそれに目をつけて
いるのでしょうか?

⇒お洒落雑貨屋のフランフランさんでも
祝儀袋を販売してますし、
⇒某一流有名百貨店さんもオリジナルの祝儀袋を
作りたいと当社へお越し頂いたこともあります。

今回の水引飾りの帯(祝儀袋本体にかける部分)は、
全てゴム製です。

この祝儀袋への
取り付け、取り外しは簡単にできます。

通常の祝儀袋についている水引飾りは
全て水引紐でできているので伸縮性0のため
お金を入れた後の元の状態へ戻す作業に
手間とる方も多いのではないでしょうか?

そして、ゴムが故にその後の
⇒水引飾りの2次利用もできると思います。

私、個人としては、
こういった水引飾り結びの帯を
ゴムで作った祝儀袋がもっともっと
普及していってほしいです。

伝統、格式を考えるとゴムってどうなの??
という意見ももちろん理解できるのですが。
(^_^;)

ゴム付の水引梅結びやあわじ結びで
オリジナルの祝儀袋を作ってみたい方>
お気軽にご連絡ください。

過去、投稿した
⇒オリジナル祝儀袋の製造工程のブログ記事です。

ご参考にどうぞ。

■問合せ先
水引梅結びやあわじ結びで作る
⇒オリジナル祝儀袋の企画・製造・販売 大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

2016年6月1日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)