ゴムの水引蝶結び(ちょうちょ結び、花結び、リボン結び)

こんばんは。

ゴム紐付の水引細工で作る
手作りの取り付け簡単な
ギフト&プレゼント用和風ラッピング飾りを
企画・制作・販売する5代目大橋丹治です。

今回も友人から面白い商品あるよ!
と紹介された水引関連グッズの紹介です。

出典元:⇒http://tabi-labo.com/192067/kokuyo-wagomu/

水引花結びをモチーフにした和ゴム

その名も【和ゴム】だそうです。
輪ゴムの輪を和と掛けた素敵なネーミングですね。

見ての通り、水引の蝶結びを
モチーフにしたデザインです。

水引蝶結びをモチーフにした和ゴム

さて蝶結びの説明をここで少し。

題名の蝶結び、ちょうちょ結び、花結び、(リボン結び)は
すべて水引の世界では同じような(似たような)結びです。

色々な呼び方があるな、というぐらいの認識で良い
と思います。

この蝶結びですが、簡単にほどけるところから
何度も結び直すことができる、
つまり何度でもあって良いお祝い事に使われる
結びです。

例えば、出産祝い。
何度、一人目、二人目、、何度出産があっても良いですもんね。

例えば、入学祝い。
小学校、中学校、高校、大学と何度もお祝いがありますね。

一方、世の中には何度も祝うことができない、
祝ってはいけないイベントもあります。

例えば、結婚式。
離婚、再婚も当たり前のことかもしれませんが、
できれば1度きりにしたい思うでしょう。(笑)

例えば、快気祝い。
怪我や病気から快復ですので、できれば
2度と快気祝いをすることないようこの後は
ずっと健康でいたいと思うでしょう。

ですので、上記のお祝い(結婚祝い、快気祝い)に
間違っても蝶結びを使用しないでください。

その際は、結び切りと言われる結びを
使用してください。

⇒結び切りの説明をした過去のブログ記事

この【和ゴム】も使用する際も
何度もあって良いお祝いかどうかに気を付けて
ご使用ください!

■問合せ先
⇒水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風ラッピング資材制作の
水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 10:00~18:00 土日祝 休み)


(本サイトへリンクしています。)

2015年10月15日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)