平ゴムに両面テープで貼付した水引梅結び 納期短縮の方法

水引梅結びを使った
取り付け簡単な
プレゼント用和風ラッピング資材を
企画・制作・販売する5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

当社で人気の水引梅結びのゴム紐付。

人気故に納期までかなりお時間を頂戴しております。
申し訳ございません。

職人の数を増やそうといろいろ実施しております。

また、より効率的に短期間に製造できる方法はないかとも
模索しております。

そしてその中で一つ、これは短納期が実現できるのでは?
という方法を見つけましたのでご紹介です。

日本初、そして世界初(おそらくですがw (^_^;))
の仕様となります!!

水引梅結びの平ゴム付版

平ゴムに両面テープで水引梅結びを貼付しました。

この方法、何故、短納期が可能なのでしょうか?

通常ですと丸ゴムを輪にしてそれを針金で止めます。

これは手作業です。

ですが、平ゴムの場合は、輪にしてそれをミシンで
縫いつけることが可能なのです。

この時点で手作業 vs 機械化作業ということで
納期の短縮が可能です。

そして丸ゴムを梅結びへ取り付ける方法も従来は
針金で取付しておりました。

⇒梅結びのゴムへの取付画像が掲載されたブログ記事

そこを両面テープで貼付することで
納期を短縮することができます。

水引3本の赤一色の梅は一番人気ですので
ある程度在庫しておりまして、
その梅を使うのなら納期はオール手作業の従来の方法の
半分ぐらいの納期で製造できそうです。

ただ、デメリットもあります。

まず、ミシンを使うので丸ゴムは使えず
平ゴム、しかも幅が6mm以上のゴムでの
実施となります。

そして価格。

平ゴムの方が丸ゴムよりも高く、縫製賃も発生します。

ですので従来の丸ゴムの梅結びよりも金額はアップしてしまいます。

価格をとるか、納期をとるかで選択肢は増えることに
なりますのでお客様にとっては良いことだと思います。

思いつくデメリットの最後ははずれ易さ。
従来の針金どめと比べて両面テープでの貼付ですので
何度もゴムをかけたり外したりした場合、
長期間保存した後の使用で両面テープの粘着力が
弱まる可能性はあります。

箱等にかける場合は、お客様にお渡しする
直前にかけてください。

短納期でゴム付の梅結びを購入したい方、
お気軽にお問合せ、ご連絡ください。

お待ちしております。

※合わせて読んで頂きたい参考記事です。
下記の方法でも納期短縮が可能です。

⇒丸ゴムを針金でなく縛って水引梅結びに取付

■問合せ先
水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2017年3月14日

大橋丹治㈱は
全国の国産水引関連商品シェアNo.1を誇る
「長野県飯田市」に店を構える製造メーカー

です。

一つ一つ真心込めて手作りした高い品質の
水引細工・贈答用和風包装資材を直販にてお届けいたします。

当社への信頼と実績は、明治元年創業、老舗水引屋として
お客様と共に歩んできた140余年の歴史

裏付けされております!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)