後ろ1部分をゴム付した水引花結び(蝶結び、ちょうちょ結び

こんばんは。

水引細工・飾り結び(ゴム付)を使った
取り付け簡単なプレゼント用
和風ラッピング(包装)資材を
企画・制作・販売する5代目大橋丹治です。

何度か当ブログでも取り上げている
後ろの1部分だけをゴム付した
花結び(蝶結び、ちょうちょ結ぶ)の
発注を頂けました。

今回、2回目の発注を頂けました
⇒名入れ・メッセージ入りお菓子の
世田谷 文の菓(ふみのか)さん
です。

お菓子に名入れできるとはとても
面白い商品ですね!

私も機会があれば購入したいです。

文の菓(ふみのか)さんより頂いた
蝶結びを商品に取り付けした写真です。↓

アイオンラインさん 水引花結び(蝶結び、ちょうちょ結び)後ろの1部をゴム

ぱっと見、普通に水引紐のみで
結んであるように見えるかと思います。

しかし、後ろの1部分がゴムなんです。

こんな感じです。↓

7本あわじ結び&5本花結び 後ろ一部ゴム付

何故でしょう?

後ろの1部分をゴムにすることで
箱に簡単に取り付けすることが
できるからです。

水引紐には伸縮性がありません。
ですので、箱等に取り付ける際は、
直接長い水引紐を使って結ぶしかありません。

それには当然、結びの技術が必要です。
ちょうちょ結びとはいえなかなか難しいのです。

1本の水引紐ならまだしも
画像のように5本の水引紐をつかって
結ぶのは一朝一夕ではできません。

そこで、後ろの1部分をゴムにすることで
伸縮性が生まれ簡単に取り付けが可能となります。

手間暇かかるので通常の結びよりは
コストがかかるという面もある仕様です。

後ろ1部をゴム付にした花結びを
製造したい方、お気軽にご連絡ください!

■問合せ先
⇒水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風ラッピング資材制作の
水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 10:00~18:00 土日祝 休み)


(本サイトへリンクしています。)

2015年7月9日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA