水引の本数の意味 飾り結びを使ったプレゼント用和風ラッピング

水引結びを使った
プレゼント用
和風ラッピング(包装)資材を
企画・制作・販売する
5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧いただき
ありがとうございます。

今回は水引の本数について
掘り下げて書いてみます。

水引は、3本、5本、7本、10本で
結んで使用するのが一般的です。

偶数は割り「切れる」ことから
あまり縁起がよくないという説が一つ。

「偶数を陰数、奇数を陽数」とする
古代中国の陰陽説からきているという説もあります。

中国の五行説からの影響で5本を基本とし、
3本を5本の簡易版、7本はより丁寧に、
10本は5本の倍数として偶数ではなく
奇数の5を倍にした二重陽結びで豪華さを
表現とするようです。

五行説とは?。。。。

古代の中国から発祥の自然哲学の思想です。
万物は5種類の元素(木・火・土・金・水)から
なるという説です。

四柱推命もこの5元素をもとに考えられて
ますもんね。

9本も奇数で一見良いように感じますが、
9は苦を連想するいうことで避けられるという
説があります。

が、しかし、その一方で9は中国では縁起の良い
数字でそこから考えると使っても良いという
説もあります。
(結納品の正式な数は9でして、そこから考える
9本も決して間違いではないようにも思えます。)

陰陽説、五行説、、、、。

なかなか水引も奥が深いですね。(笑)

当社で大人気のラッピング資材である
梅結びですが、上記のことから2本、4本は
お薦めしておりません。

とはいえ、デザイン、大きさとして
2本や4本を敢えて選択するお客様もいます。

水引梅結び2本、青、緑

そこは最終的にはお客様の判断にお任せしております。

ただ、上記のような背景をおさえた上で
本数を決めるのが良いでしょう。

ちなみにゴム付けの際、ほとんどのお客様が
2つ輪を選びます。
これは、1本のゴムを2重にしているので
偶数ではありませんのでご安心ください。

◆関連記事
⇒弔事用(葬儀、不祝儀)の水引の本数についてのブログ記事

⇒水引の由来や意味、歴史についてのブログ記事

↓五行説に関しての参考サイト
⇒ウィキペディアの五行説のページ

その他質問あれば、お気軽にお問合せしてください。

■問合せ先
水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2014年11月17日

大橋丹治㈱は
全国の国産水引関連商品シェアNo.1を誇る
「長野県飯田市」に店を構える製造メーカー

です。

一つ一つ真心込めて手作りした高い品質の
水引細工・贈答用和風包装資材を直販にてお届けいたします。

当社への信頼と実績は、明治元年創業、老舗水引屋として
お客様と共に歩んできた140余年の歴史

裏付けされております!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)