葬儀(弔事)の水引紐の本数 香典袋・不祝儀袋等の飾り結び

葬儀・弔事用の香典袋・不祝儀袋の
自社企画・製造・販売する5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

水引が使用されるのは目出度いシーンばかりでは
ありません。

お葬式、弔辞でも水引は使用されます。

以前、
⇒水引の本数の意味というブログ記事
投稿しました。

その時の記事は、祝儀を意識した内容でして
不祝儀、弔辞に関しての内容は記載しておりませんでした。

では不祝儀、弔辞、葬儀で使用される水引の
本数は何本が良いのでしょうか?

ネットで調べると
祝儀の席は、3、5、7の奇数が基本。
(10本も使われますが、偶数という考え方ではなく
5を倍にしてより豪華という意味をもちます。)

不祝儀は、その反対で2、4、6の偶数が
本来の本数という記事をよく見かけました。

しかし、
当社では、この偶数の水引での飾り結びを
140年以上の社歴の中で作ったことが
ありません。

祝儀も不祝儀も同様に
3、5、7、10本で香典袋、祝儀袋を
製造してきました。

きっかけはお客様からのオーダーでした。

オーダーして頂いたお客様は
葬儀関係のお客様です。

ですので素人ではありません。

当社も当然素人ではないのですが、
この偶数で不祝儀の水引飾り結びを
製造して欲しいというオーダーには
非常に違和感を感じました。

当然、当社はお客様のオーダーには対応致します。

ですので、6本や4本の偶数で水引飾り結びを
作ってほしいというオーダーは承ります。

↓水引紐6本で作ったあわじ結び
水引6本のあわじ結び

しかし、この不祝儀、弔辞、葬儀の席での
正式な本数は2、4、6本の偶数であるという
説明はどうも不思議に思っております。

ネットでの検索ではそのような記事しか
見ませんでしたが
当社でも調査してみようと思います。

また新しい情報を得ましたら
お知らせいたします。

当社としての見解は、
(2016年8月6日現在では)
祝儀も不祝儀も全て水引紐の本数は
3、5、7、10本で良いというものです。

ご不明な点はご遠慮なくお問合せください。

■問合せ先
弔事、葬儀、不祝儀用の水引飾り結びの
⇒自主企画・製造・販売 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

2016年8月6日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA