水引のみのプレゼント用和風ラッピング資材 ゴムを使用せず

こんばんは。

水引飾り結びで作る
手作りで取り付け簡単な
プレゼント用和風ラッピング飾りを
企画・制作・販売する5代目大橋丹治です。

当ブログで何度もご紹介しているのは
ゴムを使って、取付を簡単にしている
和風ラッピング資材です。

しかし、今回はゴムを使わない
パターンのご紹介です。

ゴムを付けることで取り付けがとても
簡単になります。

では、何故、ゴムを使わないのか?

見た目が一番大きな要因かと思います。

全部を水引にして、より格式とか
伝統的な様式を求められるということ
だと思います。

解決方法 その1

その際に良いのが、過去何度かご紹介した
後ろの1部をゴムにするというパターン。

⇒あわじ結びの後ろの1部だけゴムにしたラッピング資材
7本あわじ結び&5本花結び 後ろ一部ゴム付

これだとぱっと見は、全て水引に見えます。

しかし、普通に水引を結んだものの
後ろの1部を切り取って
ゴムを取付るので手間暇がかかり、
当然、金額も上がってしまいます。

また、どうしてもゴムが見えるので
完全な水引にこだわられる方には、抵抗が
あるのかもしれません。

解決方法 その2 (今回が初のご紹介です!)

そこで今回のご紹介は、両手を広げたような
状態で納品するパターンです。

輪を作って納品すれば良いのでは?と
思うかもしれませんが、水引は伸縮性が
ほとんどありません。

輪を作ってしまうとそれを商品に
かけるのには、意外と難しく
技術がいります。

市販の祝儀袋の水引飾りを完全に外して
元にはめるのってとても大変という経験は
誰もがあるかと思います。

ちなみにこの話題は、
「林先生の初耳学」でも取り上げられました。

⇒その時のブログ記事はコチラ

両手を広げた状態でお客様に納品して、
お客様で後ろを銀テープ等で止めて頂く。
といった仕様での注文が続いております。

↓こんな感じ
水引5本梅結び 水引帯付 ゴムなし

これだとお客様でひと手間発生してしまいますが、
後ろの1部をゴムにするより金額を抑えることができ、
何よりオール水引にこだわるお客様にも
満足頂ける仕様となっております。

梅結び以外にもあわじ結びを変形した
↓ハート型での注文も
水引5本あわじ結び変形ハート型 水引帯付 ゴムなし

今後、当社でも注文が増えそうな
仕様です。

お気軽にご連絡ください。

■問合せ先
水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風ラッピング資材制作の
⇒水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 10:00~18:00 土日祝 休み)


(本サイトへリンクしています。)

2016年1月26日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)