水引帯・バンドの注文 飾りは好きな物を付けてパッケージに活用

水引帯・バンド(テープ)を製造販売する
5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

水引帯・水引バンド(水引テープとも言います)の
問合せが続いたので
ご紹介です。

水引紐を何本か並べて両端と真ん中を
テープで留めたものです。

水引5本帯・バンド・テープ(金銀銀銀金)

水引5本帯・バンド・テープ(金銀銀銀金)

これをどのように使うかと言うと。。。

一番使われているのは祝儀袋です。

これをぐるっと回して輪にして、その上に
水引飾りを取付します。

今回の注文の利用目的は
商品パッケージでした。

もっと具体的に言うとオリジナルの本です。

本の装丁といういいますかパッケージに
この水引帯を使い、上の飾りは自分で好みの
物を取付します。

今回は、金色と銀色を使って
上から金銀銀銀金という配色で作りました。
オリジナルでの配色が可能です。

紅白でもいいですし、グラデーションカラーで
作るのもいいでしょう。

自由に配色が可能です。

そしてこの水引帯を留める方法は
2種類あります。

1つは、テープで留める方法です。
だいたいの祝儀袋の裏側を見てみると
テープで留めてあります。
市販の祝儀袋のテープ留め部分

⇒水引の帯をテープで留める方法 動画説明有り

もう一つは縛りつける、結んで留める方法です。

水引帯の裏の結び

水引帯の裏の結び

どちらも一長一短ありますが、テープで留める方が
簡単にできるかと思います。

オリジナルの水引帯を作ってみたい方、
お気軽にご連絡ください。

■問合せ先
水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2017年4月21日

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)