水引梅結びの価格決定要素~中編 プレゼントラッピング資材

こんばんは。

水引梅結び(ゴム紐付)を使った
取り付け簡単な
ギフト用和風ラッピング(包装)資材を
企画・制作・販売する5代目大橋丹治です。

⇒前回のブログの続きです。
梅の価格決定要素について述べていきます。
発注の際の参考にしてください。

2)ゴムの長さ、輪の数。
ゴムの長さを抑えることはできないので
ここで価格は調整するのは難しいと思います。

ゴムの輪の数で考えると2つ輪より1つ輪の方が価格は
抑えることができます。
ゴムの長さが1つ輪だと半分になるため、ゴムの値段も
半分で済むためです。

とはいえ、当社へ発注されるお客様の8割は
2つ輪を選択されます。
見た目で2つ輪の方が良いというお客様がほとんど
です。

3)梅の色数
2色までは、同額で製造しております。
3色以上ですと金額は上がってきます。

水引3本梅結び 赤、赤白赤、白赤白、金赤金

上記の梅は全て2色以内で作った梅となります。

4)水引紐の種類
梅結びを製造する際に良く使われるのが
絹巻水引、花水引です。
その次が特光水引、羽衣水引となります。

水引紐の値段でいうと

特光水引<絹巻水引<花水引<羽衣水引と
いう順番で金額が上がっていきます。

⇒水引紐(水引素材、生水引、水引そのもの)の購入はこちらから

価格決定要素はまだあります。
最後はまた次回のブログにて投稿いたします。

ご不明な点や、質問はお気軽に
お問合せください。

■問合せ先
⇒水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風ラッピング資材制作の
水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 10:00~18:00 土日祝 休み)


(本サイトへリンクしています。)

2015年5月25日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)