水引飾りの鶴をアクセサリーへ利用 つまみ細工と簪に活用

鶴を表現した
水引アクセサリー・簪(かんざし)を
自社企画・製造・販売(通販)する
5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

先日書いたブログ、
⇒鶴をモチーフにした水引アクセサリー 簪へ利用
の続編となります。

鶴を表現した水引細工

鶴を表現した水引細工です。

提案した鶴のサンプルから
再度変更がありました。

首を曲げて下を見ているような感じにしてほしい
という依頼と
羽をちょっと変えてほしいという依頼でした。

依頼内容を受け、下記の2パターンを
提案しました。

水引結びで鶴を表現 簪のパーツに

水引結びで鶴を表現しました。簪のパーツに利用します。

右と左で羽が微妙に異なります。

最終的には右のパターンに
梅結びを取り付けました。

水引結びで鶴を表現 梅付け

梅結びを取り付けた鶴の水引飾りです。

まずまずの仕上がり具合かと思います。

このように何度でもやり直して最終的な
希望のカタチまで作ることが可能です。
(費用は作りなおす度に発生してしまいますが。)

依頼者は
⇒つまみ細工のかんざし屋【ミテラ】さん
です。

この鶴の水引飾りがどのような簪になるか
私も楽しみです。

鶴のみならず他の動物をイメージしてサンプルを
作ることも可能ですので
お気軽にご連絡をください。

そして、一番最初のカタチのブログを見て、
2~3週間後に同じカタチでブローチを作りたいと
問合せを頂きました。

ブログを書いて数年後に問い合わせを頂けるのも
嬉しいですが、数週間で問い合わせを頂けるのも
嬉しく有難いです。

ブログを書く励みになりますので
どんどんご連絡ください!

お待ちしております。

■問合せ先
水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2017年4月17日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)