梅結びを帽子の飾りに活用 水引アクセサリーやオーナメント

帽子に取付するための
水引梅結びで作った
アクセサリーやオーナメントを
自社企画・製造・販売(通販)する
5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

当社で人気の梅結びの
珍しい活用例です。

帽子の飾りとして使用して頂きました。

Hat ‘em all.

HAT ‘EM ALL.さん(@terryhatco)がシェアした投稿 –

素敵ですね。
当社としても初めての活用方法です。

発注をしてくれた方は
「寺田製帽」さん。

千葉でハンドメイドで帽子を作られている
職人さんです。

当社では梅結びを製造し、
支給して頂いたピンへの取付まで
行いました。

こういったピンも支給して頂ければ
取付作業を当社で行うことも
可能です。

職人さんのこだわりが…!

また、さすが職人さん。
細部までこだわってらっしゃいまして、
梅の裏側の形を維持するために留める針金も
赤色で作ってほしいと要望を頂きました。

当社では、銀の針金か金の針金は使用していますが
赤の針金は使っておりません。

そこで、その赤い針金も寺田製帽さんへ
ご手配頂いて当社へ支給して頂きました。

帽子の飾りに使った水引梅結び

帽子の飾りに使った水引梅結びの裏側です。

上記の写真の左が赤い針金で作った
梅結びです。

下記の写真を見てもらえるわかるのですが、一般的に
使われる銀色の針金ですと
表からだと見えてしまうことがあります。

帽子の飾りに使った水引梅結び めしべ付

真中にめしべ?を付けた水引梅結びです。

そして更にこだわりのポイントが。

同じ赤色で作っているため、わかりにくいですが
梅の真ん中にはめしべ?(おしべ?)のような
飾りも付けております。

流石の職人魂ですね!!

このように細部までこだわる職人さんのオーダーにも
出来る限り対応するよう努めております。

お気軽にお問合せください。

■問合せ先

水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(月~金 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2018年2月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA