純金水引の純金と淡金 プレゼント和風ラッピング用の梅結び

純金水引の純金と淡金で作った
プレゼント和風ラッピング用の梅結びを
自社企画・製造・販売(通販)する
5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

前回のブログ、
⇒特光水引の金と淡金とアイボリー」の
続編となります。

プレゼント和風ラッピング用の梅結びとして人気の色は…

梅結びの人気の色は赤、紅白です。

それと随分差がありますが、
続いての人気の色と言えば金色系です。

おめでたい色といえば、赤、紅白、
そして金色と連想するのが日本人では
ないでしょうか?!

前回、ご説明した
特光水引の金、淡金、アイボリーの他にも
金色は存在します。

それが今回紹介する純金水引。

純金と言っても、本物の金を使っている訳では
ありません。

そんなことをしたらきっとびっくりする
ぐらいの金額になってしまうでしょう。

純金色の水引紐というイメージを
もって頂けると理解しやすいかと思います。

⇒純金水引の販売ページはコチラ

純金水引と特光水引の比較

本物の金を使っている訳ではないのですが、
特光水引と並べると輝きが高級感にあふれ、
とてもきれいな水引紐です。

下記、純金水引と特光水引を並べた
画像ですが、違いが写真だと伝わり
づらいですね。(^_^;)

純金水引 と 特光水引

純金水引の純金、純金の淡金、特光水引の金、淡金、アイボリーです。

せめて動画で撮影したら
違いがわかるかな、と思い動画撮影しました。
でも、伝わりづらいですね。(^_^;)

やはり1本から購入できますので
実際購入して頂いて実物を見て頂くのが
一番伝わると思います。

話を戻します。

純金水引は、
値段も高級感に溢れます。笑

つまり高いということです。

500本入りで比較すると
純金水引が4,587円(税別)。

特光水引は1,600円(税別)。

実に3倍近く純金水引の方が
高いです。

そのため、提案してもなかなか
採用されない水引紐となります。
(^_^;)

しかし、前述のとおり、特光水引と
並べればその高級感は一目瞭然です。

選択肢として、より高級に見える
梅結びを作る際は、純金水引を使うという
ことで提案させて頂いております。

整理すると金色系の水引は
全部で5色あります。

純金水引の
①純金
②純金の淡金、

そして
特光水引の
③金
④淡金
⑤アイボリー
です。

この5種類から選択して頂くか
いくつか組み合わせて
オリジナリティー性の高い
配色で作ってみてはいかがでしょうか?

純金水引、特光水引について
ご不明点がありましたら
お気軽にご連絡ください。

純金水引の純金と淡金の問合せ先

水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(月~金 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)

⇒問い合わせフォームはコチラをクリック
(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA