特光水引の金と淡金とアイボリー ギフトラッピング用梅結びの色

特光水引の金や淡金、アイボリーで
作ったギフトラッピング用の水引梅結びを
自社企画・製造・販売(通販)する
5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

当社で人気の梅結び。

人気のある色は、絹巻水引の赤、
もしくは赤と白の組み合わせです。

その2色がダントツですが、
金色で作ってほしいという問い合わせ、
オーダーも入ります。

金色と言っても、いくつか似たような
色が存在しますので今回は
その説明となります。

特光水引とは? 金、淡金、アイボリーが金系の色です。

そもそも特光水引とはどういう水引でしょうか?

蒸着フィルムを水引の芯である紙縒り(こより)に巻きつけた
水引で光沢のある水引紐になります。

⇒特光水引の販売ページはコチラ(15色あります)

一番人気の絹巻水引よりも安価な水引紐となります。

金に近い色としては、
金、淡金、アイボリーの3色があります。

3種類の色を並べた画像です。

特光水引 金、淡金、アイボリー

特光水引の金、淡金、アイボリーです。

上から金、
真中がその金を少し淡くした淡金、
下が淡金にちょっと赤を入れたアイボリーです。

ギフトラッピング用の梅結びの金色に使われるのは?

梅結びに使われる金で一番多いのは
「金」となります。

ただ、ちょっと強い色なので、少し淡くしたい場合は
淡金をお薦めしております。
アイボリーはアイボリーでまたちょっと違った
ニュアンスの梅結びになりますので
それはそれでお薦めです。

パソコンやスマホの画面上と実物では、感じ方、見え方が
違ってくると思いますので
実物を見ながら比較検討して頂くことを
お薦めします。

前述の特光水引の販売ページから
1本から購入可能です。

金色の梅結びに使用するゴムの色は、
「金」と「淡金」の中間くらいで
やや「淡金」寄りとなります。

⇒梅結びに合わせるゴム紐の色展開について

上記を参考に金色系の色を決めて
頂ければと思います。

ご不明な点はご遠慮なくどうぞ。

特光水引についての問合せ先

水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(月~金 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)

⇒問い合わせフォームはコチラをクリック
(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA