大量の水引梅結びの問い合わせ| 1か月で1万個は製造可能か?

水引梅結びをギフト用和風ラッピング用品として自社企画・製造・販売(通販)する5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

最近続いたのが大量注文に関しての問い合わせです。

水引梅結びを1か月で1万個~2万個を製造できないか?という内容でした。

当社の梅結びはすべて手作業で作っております。

水引紐10本の椿結びの製造風景
梅結びではないですが水引紐10本の椿結びの製造風景です。

ですので現状の製造ペースで言うと1週間で500個がせいぜいという生産量となります。

1か月を4.3週間と仮にすると500個×4.3週で2150個。

2150個が月間の製造数となります。

1万個を500個で割ると20週間。

1万個を作るには20週間、つまり20週×7日間で140日が必要です。

140日ということは140日÷30日で4.6か月。

1万個作るには計算上4,6か月必要となります。

協力会社に要請して3か月ちょっとで1万個は製造できそうに思えますが、希望の1か月とはだいぶ開きがあります。

こういう問い合わせをされる方は水引梅結びが機械で作ることができると思っていることが多く、
「手作りのため製造スピードには限度がありまして。。。」
と説明すると驚かれます。

機械で製造ができて大量に作ることができるのも魅力かもしれませんが、手作りの良さもきっとあるかと思います。

1か月で1万個とか2万個という製造は現状はなかなかお受けすることできませんが、いろいろ模索しながら現状の4,6か月を短縮できるよう努めていきたいと思います。

機械化の方法を模索するのも考え方ですし、内職さんの人数を増やしていくのも一つの手です。

内職さんの人数がそこまで増えていかないのは工賃によるところもあると思います。
内職ですのでコンビニでアルバイトする時給に比べたら時給換算すると安くなってしまいます。

この辺も工賃をあげれるような商品価格の設定も必要でしょう。

いろいろ難しい問題もありますが、少しづつ前進し、いつか1か月で1万個という製造量を達成できればと思っております。

⇒長野県飯田市で水引の内職さんを募集中です!

■問合せ先
水引細工・飾り結びで作るプレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2017年7月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA