水引梅結び体験から改めて水引の良さを体感 飯田市で内職募集

水引素材を自社企画・製造・販売(通販)する
老舗水引屋・大橋丹治(株)の
ブログスタッフ増田です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

水引梅結びを作ってみるとハマる理由が分かる?
体感したその良さとは…

水引梅結び体験から改めて水引の良さを実感

水引はあんなに細くても、丈夫で切れにくく
適度なしなりもあるので、形が作りやすく
素材としてはとても使いやすい。
改めてその良さを実感しました。

私が水引を改めて体験しようと思ったきっかけは
先日、ピアスの記事を書いた時です。

手作り作品を販売するサイトを検索したら
水引を素材にした小物を販売している
水引作家さんが思った以上にいること
を知りました。

そこで、みょうが結びの記事を書きながら
自分でも好きな形のアクセサリーなどを
作ることができたらいいなと思い、
後日、先輩に指南してもらうことになりました。

書いた記事はこちら
⇒水引みょうが結びでオリジナルピアス

当社のある長野県飯田市は
昔から水引産業が盛んです。

何でも元禄時代に、製紙や元結を
藩主が奨励したのだそうで、
今でもその伝統は脈々と続いていて
内職と言えば水引細工、
今でも割と身近な存在です。

私も以前、梅結びやあわじ結びを
体験したことがあったのですが、
いざ、水引を手にすると全く覚えていない・・・

仕方なく最初の持ち方からもう一度おさらい。
作りたかったのは、みょうが結びや玉結びでしたが、
あまりにぎこちなかったので、
とりあえず梅結びに挑戦。

水引作りの体験

分かりやすい色の組み合わせで水引梅結びに挑戦中。

3本の水引を平らに組んでいくことが、
なかなか難しい。
うまく形が作れずに、解いてやり直したりしていると
水引がだいぶ手になじんできて、
やっとひとつ完成しました。

水引の扱いに慣れることが大切

その後はなんとかコツもつかめて
2つ目の梅結び、玉結びも完成。
自分で作ると、何か愛着も湧きます。

これは楽しい!ハマります。
その後も、仕事中の気分転換になっています。

オリジナルのクラフト細工として
この素材を使うのも素敵ですよ。

当社では日常的に、
内職をしていただける方を募集しています。

⇒飯田市で水引の内職募集中

興味を持って頂けましたら、
ぜひご連絡ください。

飯田市で水引の内職問合せ先

水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-0054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2018年6月20日

大橋丹治㈱は
全国の国産水引関連商品シェアNo.1を誇る
「長野県飯田市」に店を構える製造メーカー

です。

一つ一つ真心込めて手作りした高い品質の
水引細工・贈答用和風包装資材を直販にてお届けいたします。

当社への信頼と実績は、明治元年創業、老舗水引屋として
お客様と共に歩んできた140余年の歴史

裏付けされております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA