水引梅飾り結びの止め具を針金不使用の仕様|縫製用の糸を使用

水引梅結びのバナー

在庫販売品以外の水引梅結びバナー

水引梅結びを使った取り付け簡単なプレゼント用和風ラッピング用品を企画・制作・販売する5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

当社で人気の水引梅結び。

以前、お客様からの問い合わせで
「針金を使わずに作ることはできませんか?」
と尋ねられたことがあります。

当時は、梅結びは針金で止めるもの、針金以外は手間がかかって実現できないのでは?という先入観があったため深く追求することはありませんでした。

その後、他のお客様と話をしていたときに
「縫製製品で針金は検針機にひっかかるため嫌がられる」
と聞いたときになるほど、と腑に落ちました。

そこで針金を使わず梅結びを使う仕様を考えてみました。

初めは両面テープで止めてみれば手間もかからず簡単で良いのでは?と思いチャレンジしました。

が、結果、うまくいきませんでした。

粘着力が強い両面テープでも水引紐を完全に固定するまでには至らず、ずれてカタチも崩れてきてしまいました。

そこで職人と相談して試作してもらったのは縫製用の糸で縛りつけて固定する方法。

針金を使わず糸で固定した水引梅結び

水引梅結び 止め具を左が糸 右が針金
水引梅結びの止め具を左が糸で作りました。右が従来通りの針金です。

すると!

うまく固定できました。
(^O^)/

手間を考えると従来の針金止めと大差ないためコスト削減とはなりません。

しかし、先に述べた縫製製品や金属を敬遠するであろう食品のプレゼントラッピングに使用する際は針金を不使用な仕様(【しよう】が続きしゃべりにくいです。笑)は重宝されると思います。

ニーズやマーケットもあるのではないでしょうか?

針金を使わない水引梅結びでプレゼント用和風ラッピング用品を作ってみたい方>お気軽にご連絡ください。

糸で縛り、針金を使わない水引梅結びの問合せ先

水引細工・飾り結びで作るプレゼント用和風ラッピング用品制作の
⇒自主企画・製造・販売 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)

⇒お問合せフォームはコチラ

(本サイトの問合せフォームが開きます。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA