祝儀袋の結びが下向きか上向きで判断 水引花結びと結び切りの意味

オリジナル祝儀袋を
自社企画、製造、販売(通販)している
5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧いただき
ありがとうございます。

テレビ番組で…

とあるテレビ番組で
祝儀袋の水引結びが上向きか下向きかで
結婚式用かそうじゃない用かを見分けるという
ことが放送されてましたが、
それについて問い合わせを頂きました。

今年(2018年)の初めの方に
放送されていた番組でして、
私も本当にたまたまですが、
息子の風呂の世話をしながら
見てました。笑

内容としては、
結び切りと花結びを
上向きか下向きかで判断しようという
趣旨でした。

上向きとは結び切りとあわじ結びのことで
結んだ後の水引紐の切り口が上を向いてます。

[さんち]さんでの当社の祝儀袋掲載

左が花結び、右があわじ結びです。

画像出典元:⇒https://sunchi.jp/sunchilist/nagano/6491

下向きとは花結びのことで、
あわじ結びと結び切りとは逆に
結んだ後の水引紐の切り口が下を向いています。

結婚式で使って良いのは、
上を向いているあわじ結びと結び切りというふうに
覚えましょう、と言う感じで放送されてました。

⇒あわじ結びの意味についての詳細

⇒花結び、蝶結びの意味の詳細

基本というか原則はこの覚え方で
良いと思いますが、
例外となる結びも存在します。

例外の結びの具体例

例えば輪結び。

水引輪結びの祝儀袋

水引輪結びの祝儀袋です。

輪結びは結び切りの先を
輪に変形した結びです。

ですので結び切りの一種です。

しかし、水引結びの先は下を向いてます。

下向きだけど結婚式に使って良い結びです。

もう一つは
松結び。

富士山結び|水引で作るプレゼントラッピング資材

当社では富士山結びとも言いますが、一般的には松結びと言います。

これも水引結びの先が下を向いてますが、
結婚式用の祝儀袋に使われている結びとなります。

と、下向き、上向きで覚えると
例外も存在するので
やはり、花結びと結び切り(あわじ結び)と
覚えるのが個人的には良いように思えます。

なかなか祝儀袋の結びと言っても
奥が深いですね。。。

私も日々、勉強です。(^_^;)

■問合せ先

水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(月~金 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2018年3月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA