お中元には水引花結び(蝶、ちょうちょ結びで和風ラッピング

こんばんは。

水引花結び(蝶、ちょうちょ結び)を使った
取り付け簡単なプレゼント用
和風ラッピング(包装)資材を
企画・制作・販売する5代目大橋丹治です。

お中元シーズンですね。

当社もお中元用のラッピング資材として
水引飾り結びの注文を頂いております。

当然、梅結びも多数発注頂けます。

一番、適した結びは何結びでしょうか?



答えは花結び(=蝶結び、ちょうちょ結び)です。

花結びは、「結び切り」と言われる一度切りの
御祝ごとに使われる結びと異なり、
何度でも祝ってよいお祝いに使われます。

よって、お中元、お歳暮といった毎年行われる
イベント事に使われます。

逆に1度しかない方が良い御祝いの場には
ふさわしくありません。

結婚式は1度しかない方が良いので、
花結びの祝儀袋は使いません。

当ブログで何度か記載しておりますが、
このことを知らないかたが結構いらっしゃいます。

かくいう私も、この仕事につくまで社会人生活10年間
送ってますが、知りませんでした。(^_^;)

テレビの取材でもここが焦点となりインタビューされる
ことも多々あります。

⇒「結び切り」と「花結び」の違いの詳細

さて、花結びですが、まともに作ろうとすると
⇒前回のブログのような形で後ろの1部をゴム紐に
するのが良いですが、コストがかかります。

アイオンラインさん 水引花結び(蝶結び、ちょうちょ結び)後ろの1部をゴム

 

そこでおすすめなのがリボン結び。

水引リボン結びゴム付

見た目は、花結び(蝶結び、ちょうちょ結び)と
大差ないと言って良いでしょう。

梅結びよりは金額が上がりますが、
後ろの1部をゴムにした花結びよりはリーズナブルと
なります。

↓勿論、当社で人気の梅結びお中元用として、おすすめです。

甘音様商品パッケージ

折角、大切な人に贈るお中元ですので
水引の飾り結びを使って外見からおもてなしの
心を表現したいですよね。

お中元の水引飾り結びについて、
ご質問等あればお気軽にご連絡ください。

■問合せ先
⇒水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風ラッピング資材制作の
水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 10:00~18:00 土日祝 休み)


(本サイトへリンクしています。)

2015年7月12日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)