色の組合せを選べる水引梅結び プレゼント用和風ラッピング

梅結びの水引を活用したオリジナルラッピング商品の
自社企画・製造・販売(通販)する
老舗水引屋・大橋丹治(株)の
ブログスタッフ増田です。

当ブログをご覧頂き
ありがとうございます。

和風ラッピング素材で一番人気の梅結び、
その可能性を広げる新しい取り組みとは…

2色の組み合わせで作る、梅結びの活用

以前、紅白の梅結びバリエーションを
紹介させていただきましたが、
⇒赤白の梅結びバリエーションを紹介した記事
今回紹介するラッピング素材はこちら。

反対色で梅結び

同じ梅結びでも、2色の組み合わせによって個性が出ますね。

絹巻水引の日和と桃色を計3本使用し、
梅結びで結んであります。
出来上がりサイズは直径23mmです。

この2色による梅結びは、今回初めて制作しましたが、
色の組み合わせは自由にお選びいただけます。

調和のとれた色の組み合わせとは

今回、この2色を選んだ理由ですが、
カラーコーディネートの基本である『補色』を参考に
『色相環』の反対色を組み合わせています。

補色とは?

補色の組合せは色の表現法によって異なり、
CMYKの場合は{赤 / 青緑},{紫 / 黄緑},{黄色 / 青紫}、
RGBの場合は{黄(255,255,0) / 青(0,0,255)},
{青緑(0,255,255) / 赤(255,0,0)},
{緑(0,255,0) / 紫(255,0,255)}などである。
余色、対照色、反対色ともいう
(ただし、補色は相対する色を直接に指示するのに対し、
反対色の指示する範囲はやや広い)。

⇒色相環と補色についての詳細説明はこちら

今回は専務の指示で、日和と桃色を合わせましたが、
青と黄色、紫と黄色といった配色では
もっとインパクトが出ました。

包装紙の色に合わせたり、
ラッピングのアクセントに使ったり
いろいろな使い道がありそうです。

お好みの色の組み合わせや
サンプル製作も承ります。
御社のオリジナル色の梅結びなど
お気軽にご相談ください。

■問合せ先

水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)


(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-0054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2018年4月4日

大橋丹治㈱は
全国の国産水引関連商品シェアNo.1を誇る
「長野県飯田市」に店を構える製造メーカー

です。

一つ一つ真心込めて手作りした高い品質の
水引細工・贈答用和風包装資材を直販にてお届けいたします。

当社への信頼と実績は、明治元年創業、老舗水引屋として
お客様と共に歩んできた140余年の歴史

裏付けされております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA