水引あわじ結びや梅結びのゴムを縛って取付 和風ラッピング

水引あわじ結びや梅結びにゴム紐を
縛り付けて取付を簡単にした
和風ラッピング用品を
自社企画、製造、販売(通販)する
5代目大橋丹治です。

当ブログをご覧いただき
ありがとうございます。

年末年始が徐々に迫り、当社の繁忙期に
突入していきそうな気配です。

まだ9月の下旬ですが、例年、この気配は
徐々に前倒しになってきております。
とても有難いことですが。

それに伴い、納期の方も徐々に長く
なっていっております。

これからの発注は数量も多くなっていくのも
理由の一つです。
(これから年末年始にかけて1000個とか2000個という
単位での発注が増えていきます。)

あわじ結びや梅結びにゴムを付けて商品の
箱等に取付を簡単にしているのが
当社の和風ラッピング用品の人気の一要素だと思います。

あわじ結びや梅結びを作った後に
ゴム紐を取付しなくてはいけないため、
当然、一工程が発生します。

それをお客さん御自身でやってもらう、または、
当社の他にできる会社に依頼することで
当社からの納期と金額は抑えることができます。

当社は針金を使ってあわじ結び、梅結びに
ゴムを取付しております。

水引梅結びの裏側の画像

当社の技術レベルがわかる水引梅結びの裏側の画像です。

この方法で取付するのをお客さん自身で実施してもらうには
難易度が高いと思います。

しかしゴムを縛り付ける取付方法はより多くの人が
実施可能なやり方となります。

水引結びのゴムを縛って取付

あわじ結びと梅結びにゴムを縛って取付をする仕様です。

これから年末にかけて急ぎの発注で納期を短縮したい
お客さんにはこちらの取付方法をご案内していきます。

当社からあわじ結びや梅結びのみを購入して頂くため
納期の短縮と金額も抑えることが可能です。

下記は関連の詳細記事となります。

是非ご覧ください。

⇒水引梅結びのゴムを縛って取付する方法

⇒ゴムの縛り目、結び目を側面にもっていく方法

⇒ゴムを当社から買うのをお薦めしない理由

ご不明な点、質問等あればお気軽にご連絡ください。

■問合せ先
水引細工・飾り結びで作る
プレゼント用和風包装資材制作の
⇒自主企画・製造・販売(通販) 水引屋・大橋丹治株式会社

℡:0265-22-0623
(平日 9:30~18:00 土日祝 休み)
(12:00~13:00 昼休み)

⇒問い合わせフォームはコチラをクリック
(本サイトへリンクしています。)

担当:5代目大橋丹治(専務取締役)

住所:〒395-054 長野県飯田市箕瀬町2-2477

2017年9月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA